- 梨状筋症候群について

梨状筋症候群について

梨状筋症候群の原因と症状は、股関節を支える筋肉の梨状筋が圧迫や刺激により、疼痛が引き起こされるのが特徴です。

広く知られる腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症と比べると発症頻度は低く稀な疾患とされています。

梨状筋症候群の原因と症状

梨状筋症候群の原因には梨状筋の走行異常が関係していることが多く、股関節の外旋筋群が硬くなり、坐骨神経が圧迫を受けて疼痛を生じている可能性が高いです。症状はスポーツを始めとした動作により現れる、坐骨神経痛を中心としたものです。

具体的には臀部痛や大腿後面痛などで、梨状筋に硬さがあると股関節の外旋、他動的な内旋の際に痛みを伴います。坐骨神経に圧迫が生じている場合は、下肢伸展挙上運動で症状の増強が見られます。

梨状筋症候群の診断について

一方、梨状筋の緊張が強く坐骨神経を圧迫していると、症状は腰椎椎間板ヘルニアに似たものとなります。つまり診断を誤る恐れがあるので、腰椎椎間板ヘルニアの症状が現れたら、梨状筋症候群も疑って鑑別することが必要です。

お尻の外側の痛みや太ももの裏側に痺れがある場合は、梨状筋症候群を発症している可能性があります。特に、長時間の座位で症状が強くなったり、逆に立って歩くと楽になる時は要注意です。筋肉が硬くなると負担が大きくなるので、ストレッチで柔軟性を保つことが予防や改善に役立ちます。

梨状筋症候群は当院にお任せください!

太ももから足の付け根あたりに痛みを感じたら、梨状筋症候群の可能性があります。痛みを感じたらすぐに当院へご相談ください!

痛みから原因を突き止め、患者様に最適な治療方法をご提案させていただきます!痛みや悩みを放置せず、お気軽に当院へお問い合わせください!皆様のご来院を心よりお待ちいたしております!

 


 

アクセス情報

所在地

〒599-8253
大阪府堺市中区深阪2-11-45
はるやま様とコメダ珈琲様の間にございます。

駐車場

当院の隣の、紳士服のはるやま様の駐車場になります。 はるやま様の駐車場の当院側にお停めください。

休診日

日曜

予約について

当院は細かな検査を行うため、予約優先制となっております。
「ホームページを見た。」とお電話いただけると幸いです。 
スタッフ一同心よりお待ちしております。